医療脱毛でVIOをつるつるにするまでの回数は?

VIお脱毛とはいってもVIOラインのすべてを同じ回数で脱毛できるのかといえばそうではありません。
Vライン、Iライン、Oラインなどそれぞれに脱毛完了までの必要回数が異なります。

VIOの毛は毛根が非常に深い位置にあります。
腕、脚、お腹などに比べると脱毛完了までには時間がかかります。
また、VIOそれぞれの部位によって毛量、毛の太さなどが異なりますので、脱毛完了になる回数が違ってきます。

Vラインの脱毛

Vラインの毛は太く毛量も非常に多いですので、脇と同じように脱毛効果を実感しやすいです。5回目の照射くらいで脱毛完了になるのですが、Vラインの毛は無毛にしたいのか、それとも自然に見えるくらいに残すのかによって必要になる回数が違ってきます。

Vラインは無毛ではなく自然な形に脱毛したいのであれば、1回から3回ほどに毛量を調整できます。

Vラインを自然な状態で残すなら5回、無毛なら6回以上です。
Iラインは色素沈着を起こしやすい部位ですので、メラニン色素に反応をする医療レーザーの影響をとても受けやすいです。
また痛みを感じやすいのが特徴です。

医療脱毛クリニックにおいては、痛み、火傷を防止するうえでレーザーの出力をしっかりと下げつつ施術を行いますので、Vラインに比べると効果を実感できるまでにどうしても時間がかかります。

Iラインで自己処理が不要になる回数は8回、つるつるになるには10回が必要です。
VラインやIラインに比べるとOラインは毛量は少なめで、毛の太さも少しだけ細いです。
Iラインと同じように色素沈着を起こしやすい部位ですので、回数は必要になってきます。

Oラインを自己処理が不要になるまでには8回以上、つるつるになるまでには10回以上の脱毛が必要です。
医療脱毛クリニックでVIO脱毛をする場合にはVラインなら5回、Iラインは8回、Oラインを8回といったように複数の部位の脱毛を個別で契約するよりもセットで契約をした時の方が脱毛料金が安くなることもあります。

VIOラインの特徴や脱毛時の痛みって?

医療脱毛前のVIOラインにおける特徴、そして痛みについて確認しておきましょう。
医療脱毛クリニックのレーザー脱毛というのは黒色に反応していますので、VIOラインのような太く密集している部位というのは痛みをどうしても感じやすいのです。

VIO脱毛の中でもIラインというのは毛量が非常に多く痛みも強いですので、痛みが不安だという方はクリニックにおいて麻酔をしてもらってみてください。

コメント