医療脱毛は生理中でも受けられる?

脱毛当日に急に生理になってしまったらどうすれば良いのでしょうか。
実は、生理になったらキャンセル料が発生することもあります。
急に生理になった場合、脱毛の予約というのはキャンセルをすれば、体調面において負担を避けられます。
しかし、お金の面ではなかなか悩ましい問題です。

当日のキャンセルについては、クリニックや脱毛サロン側もまた時間をあけて待っています。
そのため、1回分の脱毛料金をキャンセル料として支払う必要があることもあるのです。

クリニックやサロンによって対応が違いますので、無料でキャンセルすることができるのは、予約してから何日前なのか、何時間前まで可能なのかということも必ずチェックしておいてください。

マナーとして考えても、直前もしくは事前連絡なしのキャンセルというのはあまり良いものではありません。
生理で体調や気分もすぐれないことが多いこともあると思いますが、できるだけ余裕を持って事前に連絡を入れておくことで、その後の脱毛もとてもスムーズになります。

事前確認するべきことは?

クリニックや脱毛サロンに事前確認をするべき点についてですが、まずは生理前、生理中、終わりかけの時期に脱毛ができるのかです。
また、部位によって脱毛NGなところはあるのかを確認しましょう。
急な生理でキャンセルをする場合にはこのようなことをチェックしてみてください。

急なキャンセルを避けるには

スマホアプリなどで生理周期を記録するというのもおすすめです。
生理周期は個人差が非常に大きいところがありますし、心身に影響するものや、強烈な痛みのものあります。

また、生理までに間がある場合にも、排卵期には生理中に比べて脱毛が痛くなる人もいます。
そのため、自分のムダ毛のメカニズムをしっかりと把握しておくようにしましょう。

その際、スマホアプリを活用するのもおすすめなのです。
基礎体温を記録してグラフ化することで、とても簡単に実践できます。
また、生理日、排卵日、妊娠の予測ができるものもありますので試してみましょう。

大切なのは、自分の生理周期をきちんと理解をして、無理なく脱毛スケジュールをしっかりと考えることです。
周期を考慮しつつ、生理中や前後を避けるようにしてスケジューリングしていれば、間隔が大きくあいてしまったり、異常に長引くのを防ぐことができます。

脱毛中のキャンセルについては、このようなことをしっかりと把握しておくようにしてくださいね。

コメント