妊娠中や授乳中の脱毛はNG?出産後いつから大丈夫?

クリニックや脱毛サロンで脱毛をスタートさせたものの、妊娠していることが発覚するとどうすれば良いのでしょうか。
妊娠が発覚したら、やはり脱毛をすぐにでもストップする必要があります。
胎児に対して直接的な影響があるわけではありませんが、しばらくの間は脱毛ができなくなります。

その場合にはすぐにでも脱毛をストップしなければなりません。
胎児に直接的な影響があるのか、といえばそうではありませんが、脱毛はできなくなるのです。

どうして脱毛は中止すべきなの?

妊娠中はホルモンバランスが変化することで、体内はもちろん体外に色々な影響があるからです。

お肌は敏感になってしまいますし、体毛が濃くなる人もいます。
毛周期が変わって脱毛効果が低くなることもあります。
結果的に脱毛による母体への影響が懸念されるために、妊娠がわかった時点で脱毛は中止べきなのです。

妊娠に気付かずに脱毛を続けてしまう可能性ももちろんあります。
ただ、万が一そのようになっても脱毛の施術というのは胎児に影響することはありません。

医療レーザーの光エネルギーというのは、最も波長の長いものであっても皮膚の真皮層にまでしか届きません。
狙っている毛根に対してのダメージしか与えないために心配はいりません。
真皮層の下にある皮下組織というのは分厚い脂肪の壁によって守られています。

胎児に影響ないなら良いのでは?

胎児に影響がないのなら脱毛できるのではないかと思われがちですが、やはり脱毛はNGです。
なぜ、妊娠中の脱毛はダメなのか説明します。

妊娠中は脱毛による肌荒れリスクが非常に高くなります。
女性ホルモンには卵胞ホルモン、そして黄体ホルモンの2つの種類がありますが、その分泌量には司令が必要であり、ホルモンがとても深く関係しています。

また炎症が起きていて治療できないことがあります。
肌荒れのリスク以上に問題となるのは妊娠中には薬剤の処方が制限されます。

もし脱毛中に体調不良やお肌の炎症といったトラブルが起きたとしても使える薬が限られます。
妊婦、胎児に悪影響を及ぼす可能性がある薬剤は全く処方できないのです。
そして脱毛によるいきみやストレスの心配もあります。
妊娠中は、関連のなさそうなことが負担になってしまうケースをしっかりと考えておかなければなりません。

施術台に寝転がったとたんに緊張してしまったり、脱毛による痛みで反応してしまうなど、様々なことが関係して体調不良を引き起こす可能性があります。

コメント