家庭用脱毛器って?どんな脱毛器を使用すれば良いの?

家庭用脱毛器の購入というのは、高価なものです。
高価なものだからこそ、失敗することなく自分に合うものを選びたいですよね。

ただ、ランキングやクチコミを見ても決めきることができずに、どれを選ぶべきかいつまでも悩んでいる人が多いでしょう。

そこで、家庭用脱毛器の選び方、脱毛器の使用時のポイントについてご紹介します。

脱毛器の基本

自宅で脱毛器を使うためには、自宅で行う脱毛の最も基本的な知識をチェックしておきましょう。

自宅での脱毛のメリットは自分のペースで脱毛できて、低価格です。
回数と期間は長くなりますが、自由度が高いです。

サロンの場合には、回数と期間は長くかかりますが、医療脱毛に比べると安く脱毛できます。
脱毛を続けると、トータルすると高額になることもあります。

医療脱毛は、短期間脱毛できるものの、半永久的に脱毛できます。
その分高額な費用がかかります。

なるべく費用を抑えた方、人にムダ毛や肌を見られたくない、という方にとっては家庭での脱毛がおすすめです。

脱毛と除毛の違いは?

自宅での脱毛というのは次のような手順で行います。
電気カミソリやシェーバー等を使用して、除毛をまず行います。
そして自宅用脱毛器などで毛根、メラニン色素に対してはたらきかけます。

除毛、脱毛のどちらにおいても、丁寧に、できるだけお肌に負担をかけないように処理していくのが重要です。
では、自分に合った自宅用脱毛器というのはdのように選ぶべきなのでしょうか。

自宅用脱毛器の選び方として押さえておきたいポイントは、脱毛方法、脱毛したい部位、コストパフォーマンスです。

自宅用の脱毛器にはフラッシュ式もあればレーザー式もあります。
脱毛器を使用するのが始めての方はフラッシュ式がおすすめです。

フラッシュ式脱毛というのは、光の照射によって毛根、メラニン色素に働きかける脱毛方式になります。
痛みを感じにくいですし、一度に広範囲の脱毛できます

フラッシュ式脱毛器の照射範囲は、平均すると7平方センチメートルです。
この数値を基準にして、範囲ができるだけ広いものを選択すると、照射時間の短縮に繋がります。

顔、デリケートゾーンは家庭用脱毛器の照射はできません。
それらの部位を含んだ脱毛をしたいのであれば、注意してください。

また、長期的に使用するのであれば、コスパの良いものを選ぶようにしてください。
脱毛で大事なのは続けることですので、本体以外にも使い続けるうえで必要になるものをすべてチェックしておいてください。

どんな脱毛器があるの?

家庭用脱毛器には様々な商品があります。

例えば、ケノンです。
脱毛器としては有名ですので、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
お肌の状態に応じて照射の強さを選ぶことができますし、広範囲の脱毛が可能です。

顔、IOライン以外であればどこでも使用できます。
ハイスピード連射や美顔スキンケアカートリッジといった使い方も選べるので人気があります。

8万円から10万円前後で購入できます。
また、専用ジェルを使用する必要はありませんので、脱毛を仮に断念してしまった方、空いた時間で気軽にお手入れしたい方はこの機会に試してみるのが良いかもしれませんね。

自宅での脱毛前の準備は?

脱毛前には、まずは下処理とケアを行いましょう。
脱毛箇所の毛を処理します。
ケアをする前日までにはムダ毛を処理します。

そして保冷材で冷やしてから、熱による痛みを感じにくい肌状態にする必要があります。
ホクロ、シミ、傷をできるだけ隠すようにしてください。
照射は黒色素に反応しますので、シール、絆創膏で隠して火傷等を防止します。

VIOなど前処理するのが難しいヶ所や傷つけやすい部位については、先端が丸いハサミを使用してください。
そして毛を短くしてから電動シェイバーを使用して1ミリほどにまでカットしてください。

また施術前には、照射したいと思っている部分のお肌をきれいに保つようにしてください。
また、アフターケアもしっかりと行ってください。

照射後、お肌に異変を感じた場合にはもちろん、異変が感じていなくても、アフターケアはしっかりと正しい手順で行うようにしてください。
それは決して難しいものではありません。

保冷材ですばやく冷却してください。
肌に熱をこもらせないようにして、保冷剤を使用して冷やしてください。

しっかり保湿ケアも行ってください。
化粧水やクリームなどを使用するようにして、敏感になっているお肌を保湿しましょう。
また、日常の過ごし方にもいくつか注意が必要です。

脱毛後の、激しい運動、飲酒、日焼けというのは炎症、赤みが出てしまいますので、避けるようにしてください。
このような点に注意をしておくことで、自宅での家庭用脱毛器を使用した脱毛においても高い効果を実感できますし、お肌に負担をかけずにすみますよ。

コメント