脱毛器の使用箇所

どこの部位をメインにして脱毛したいと思っているのかによって、選択する脱毛器というのは異なります。
男性が脱毛をしたい一番のヶ所というのはヒゲだといわれていますが、ヒゲだけの脱毛であれば照射範囲が狭くても問題はないでしょう。髭脱毛に有効なのがケノントリアです。

しかし、他の部位の脱毛もお考えなのであれば、照射範囲ができるだけ広いものを選ぶようにしてください。
また、フラッシュ式とレーザー式とでは脱毛のスピードは違ってきます。
そのため、使用箇所に対しての使いやすさもしっかりと視野に入れておくようにしてください。

効果の高いレーザー式で地道に照射するというのも良いですし、フラッシュ式を使用して気長に脱毛を頑張るというのもありです。

どこをメインに脱毛するのか

どの部位をメインとして脱毛するのかというのも、とても重要なポイントになります。
照射範囲を十分にチェックしておくようにしてください。
脱毛器にはレーザー式とフラッシュ式とがあり、レーザー式であれば照射範囲は狭くなります。

そのため、レーザー式は全身に使用するためには照射回数が多くなってしまいますので、施術作業自体が大きな負担になってしまうこともあります。
広い範囲の脱毛を検討されている方は、照射範囲の広いフラッシュ式のものを選ぶようにすると良いでしょう。

逆にヒゲのような部位をしぼって使用する場合であったり、毛の太い部分に使用する場合には出力ができるだけ高く、照射面積もピンポイントに絞ることができるレーザー式を使用するというのがおすすめです。

絶対にヒゲにしか使用しないと決めているのであれば、照射範囲の狭いレーザー式であってもある程度は頑張れると思います。
どこをどのくらい脱毛したいのかというのを明確にしておくのがおすすめです。

家庭用脱毛器がおすすめの人

これだけ男性の脱毛サロン、医療脱毛が増えてきていますが、それでも家庭用脱毛器による脱毛がむいている人はどのような人なのでしょうか。

まずムダ毛を他人に見られるのが嫌だ、という人です。
サロンやクリニックで脱毛をする場合には、自分のムダ毛、肌を人に見せなければなりません。
脱毛する際にムダ毛や肌を他人に見られることに対して抵抗を感じている人は、家庭用脱毛器がおすすめです。
セルフケアですので、脱毛部位によっては脱毛するのが困難なヶ所もあります。
自分で脱毛をすることになりますので、恥ずかしさなどを感じることはないと思います。

また、周りに脱毛しているということを気づかれにくいというメリットもあります。

コメント